境内ガイド

建造物

本堂(江戸時代・府文化財)

本堂

阿弥陀堂(江戸時代・府文化財)/鐘楼(江戸時代・府文化財)

阿弥陀堂・鐘楼

三重塔(江戸時代・府文化財)/十八神社本殿(室町時代・重要文化財)

三重塔・十八神社本殿

山門と階段

山門・階段

仏像

阿弥陀三尊(平安時代・重要文化財)

阿弥陀三尊

勢至菩薩(左)/阿弥陀如来(中)/観世音菩薩(右)


釈迦如来(平安時代・重要文化財)

釈迦如来

毘沙門天(平安時代・重要文化財)

毘沙門天

浮舟観音(平安時代)

浮船観音

浮船の念持佛と伝えられる。



庭園と碑

浮舟の古蹟

浮船の古蹟

源氏物語宇治十帖内の浮舟の古蹟。
もとは浮舟社という社であったが、
江戸時代石碑に改められた。



芭蕉の句碑

芭蕉の句碑

山吹や宇治の焙炉の匂ふとき



池泉回遊式庭園と石庭

池泉回遊式庭園・石庭

作庭家・中根金作により平成元年竣工。


宝勝牛/手形

宝勝牛・手形

【勝運祈願の宝勝牛(牛玉)】(左)
三室戸寺に観音詣でをしていた富右衛門というお百姓が飼っていた弱々しい牛が、観音様のご利益で立派な牛になり、地域一番の権兵衛の牛に戦い勝ち、その時に得た報奨金をもとに、牛の仲買人として成功したという故事による。この宝勝牛がくわえている牛玉の観音様に触れると、勝運に恵まれるといいます。
【運勝祈願の手形 横綱 貴乃花・若乃花】(右)
  若乃花関は平成10年の春場所直前に絵馬を奉納し、見事優勝を成し遂げました。


狛兎

狛兎

花の茶屋 [三室戸寺境内のお食事]

花の茶屋

【営業期間】(期間限定)
4月中旬から7月中旬
※つつじ、シャクナゲ、紫陽花庭園のオープン期間中のみ営業
【営業時間】
午前8:300午後4:30
 ※紫陽花ライトアップ開催の土曜・日曜
  午前8:30から4:30 午後7:00から午後9:00
三室戸寺の境内で唯一、食事できる和風茶店です。 「あじさいパフェ、抹茶パフェ、あじさい氷、茶そば、抹茶白玉ぜんざい、ひやしあめ」等16品ご用意しております。
花の茶屋の詳細



境内案内図

境内案内図
境内案内図を拡大する

【境内での注意事項】
1. 持ちこみによるご飲食は一切禁止しております。
2. 禁煙となっております。
3. 三脚をご使用の写真撮影は禁止しております。
4. 犬などペットのご同伴はご遠慮下さい。
5. 絵具、イーゼル等を使用して絵を描くことは禁止しております。
上記の注意事項は必ずお守り下さい。