三室戸寺

宝勝牛 狛牛 - 丑年の牛・牛の狛犬?

牛の木像の話

三室戸寺の本堂前に石で造られた大きな牛の像が狛犬のように鎮座しています。 大きく開いた口中には石の玉があり、これを撫でると勝運がつくといわれ、宝勝牛と名付けられています。
(写真:牛の化粧まわしができました。)

牛の腹には小さな覗き窓があり、そこから胎内におさめられた牛の木像が見えます。この木像には次のような話が残されています。

牛玉守

勝運の牛として人気があり、勝運・金運・元気守りなどがあります。